3/22(金)

今日は学校も休みで特になんと言うことのない一日だった。

最近夜更かし気味で朝早くは起きることができないので昼頃起きて、朝食兼昼食を摂って、

部屋の掃除などをして、その後散髪にいった。

何故かというと、知っている人は知っていると思うが、

今月27日から東京へ行く予定があり、一週間ほど滞在する予定である。

その際、朝起きて寝ぐせを直すのが大変面倒くさい、という理由である。

またまたバッサリ切っていただきましたよ。

ふと思ったんだけれども、

理髪店で鏡に映った自分の顔って何であんなにヘンな顔してるんだろう?

そりゃあもともと珍面に部類されるフェイスですよ。

それでも首から下に白マントを結びつけられた自分のあの姿見てると

祭壇に捧げられた子羊のように見えてくるのは俺だけでしょうか?

明日、明後日は例のごとくバイトです。弟は一緒じゃありませ〜ん!


3/20(水)

久しぶりの日記更新。

先週の土曜日にTSUTAYAの会員証を更新にいったら

ビデオを一本無料で貸してくれるというので、

久しぶりにビデオを借りてみることに。

何を借りて観たかというと

「マルコビッチの穴」

もう一年くらい前の作品で、すでに観た人や映画に詳しい人にとっては

「遅いよ、あんた!」と言われても仕方ないのだが

とにかく気になっていた作品だったので借りてみることに。

ところが借りたはいいけど、あいにく自宅のに二台あるビデオデッキが二台とも故障中。

さてどうしたものか。

そうだ!!学校へ行って観よう!!研究室の隣の実験室には立派なAV機器がある!

友人二人と一緒に特別上映会を行った。

普段からあんまり映画を観る方ではなく、

超話題作を劇場に観に行くぐらいなのでたまにはこういうのも悪くない。

さてここから先は映画の内容以上のことは触れないが、

なんとも摩訶不思議な映画だった。

ストーリーの導入だけいうと

主人公の男は指先の器用で、彼は操り人形をものすごく巧みに操る才能があって、

操り人形による演劇をアートに発展させたい、という夢を持つ男なのだが、

そんな職業はないので職にあぶれている。ある日、求人雑誌を見ていた主人公は

”指先の器用な男募集・○×ビルの7と1/2階に来てくれ”

という広告を発見、そこへ行ってみると、もうこの辺から訳が分からない世界になっているのだが

7階と8階の間にある天井がやたら低い階になっているのである。

エレベーターもそんな中途半端な階では止まらず、

タイミングを見計らって先の尖ったてこでこじ開けるというとんでもない階である。



そこに事務所を構えている会社のファイリング係として即採用された主人公は

ある日、ひょんなことから”ある穴”を発見する。

その穴とはなんと俳優ジョン・マルコビッチに入れる穴だったのである。

マルコビッチとは映画に詳しい人には分かるだろうが、

「仮面の男」や「ジャンヌ・ダルク」に出演している大物俳優で、

そんなジョン・マルコビッチがジョン・マルコビッチ役としてこの映画に出演している。

この「入れる」というのは、マルコビッチが感じる

眼で見たもの、聞いていること、などの五感を共有し、

心の動きを共有できるというものである。


それがどういうワケか制限時間15分で15分経過したら

高速道脇の土手に空から降ってくるというルールになっているのである。



その穴を巡って摩訶不思議な物語が繰り広げられるという映画なのだが



ここまで言っている意味分かります?



他の人間に取り憑くと言う意味なら、ホラー映画やFF[などで馴染みの設定だろうが、

その穴の存在理由とかの説明はあるのだが、なぜ他人の中に入れるのかといった

説明はなく、何とも得体の知れない不思議な作品である。

久しぶりに訳の分からない物語を体験した。なにぶん公開が一年前というなんとも中途半端な時期で

しかも一筋縄で理解できない作品をお勧めしていいのか分からないが、

ハマる人はハマると思う。時間がある人是非見てみたら〜?という感じである。


3/17(日)



本日もハウステンボスでろーどーゴクローサン てか

メンバーは先週と全く同じ。



最近、花粉症を患ってしまったらしく、朝から涙は出る、鼻は詰まる、頭が重いで

かなり危なっかしく運転してテンボスに向かった。

うー辛かった・・・。午後から大分良くはなったけど。

ハウステンボスは花粉の宝庫だからね、お花がいっぱい植えてあるから。



さて我が愚弟は花粉なんのそので今日もうるさい。

「ハウステンボスといえばゲーム屋台!うわ〜楽しそうだな〜」




わざとらしい・・・




「そこの学生さん、集合!!整列!!」




苦笑されてますよ、あんた・・・




「そこのあなた、指名します!!ゲームをやりなさい!!」




お客さんは逃げ出した!!




「ゲームだよ、ゲーム!やっていこうぜい!!」




高校生にマネされ、笑われている・・・・




「楽しい!!面白い!!って意味同じか!!ハハハ!!」




もう他人のフリしたい。オヤジくさい。そして相も変わらず




「楽しい!!安い・・・か分からないけど300円ポッキリ




ふらっとこっちにやってきて、思い出したかのように




「兄貴、ゲリツボ教えてやるよ!!」




頭のてっぺん、すなわちつむじがそうらしい。

そのツボを押してみたが何も起こらない。




「明日の朝、ゲリするぜ!!」




だそうです・・・・・。





3/14(水)



弟(中1)の保健体育の問題集より。



























満点・・・


漢字もバッチリ!!
弟はけっして出来のいい方ではなく、テスト前などヒィヒィ言いながら
勉強しているクチである。それが保体となるとみるみる輝き出す。
中学時代もいたな。保体の授業の時だけ積極的に先生に質問。
テストも100点で体育の先生に誉められていたヤツ。


3/11(月)

もう春休みに突入したというのに平日は学校の研究室に、

土日は相変わらずハウステンボスでバイトと変わらず毎日をすごしております。

最近は高校卒業した弟もハウステンボスでバイトしていて、同じ日にゲーム屋台に入ることも多い。

バイト先の事務所と自宅が下手に転んだら着くくらい近くにあるため

弟が働き始める4月までヒマということが発覚、すぐに事務所が目を付け、

今月、弟は多くのシフトに組み込まれている。

さて昨日の10日も俺と福岡に一緒にいった友人T、そして弟とバイトした。

俺はこのバイトを一年近く続けてきてそろそろ飽きてきたし、友人Tも同様のようだが、

弟は今が働き盛りらしく、とても楽しそうに接客している。

どんなゲームかと訊かれても文で説明するのは難しいが、

三つの屋台が並んでいて、それぞれ



1.積んである6つの空き缶をお手玉をぶつけて6つの缶が全て倒れたら景品ゲット
2.ネロがパトラッシュに引かせていたような大きなミルク缶にソフトボールを投げ入れ、見事入ったら景品ゲット
3.フリースローゲーム。ただしボールがスポンジ製のため、入れにくい


といったゲームである。雰囲気は縁日の射的や輪投げのゲームのようなものと思ってもらえばいい。

黙っていても客は来ないので、客寄せをやるのだが、それが弟の場合うっとしいくらい元気である。



「地図には載ってない穴場、ハウステンボスといえばゲーム屋台!!」




いいのかそれで・・・




「オランダ式バスケ!なんとボールがスポンジ!!」




全然強調すべき事じゃねー!




「ホテルに帰って後悔しますよ〜!!」




あの修学旅行生は今日帰るんだよ!




「お子様から女性まで、お爺ちゃん、お婆ちゃん、どなたでも楽しめますよ〜!!」




そのお婆ちゃんにだけは絶対無理だ!




「バスから降りたらまずゲーム!!」




バスのドア、まだ閉まってるって!!




「カップルの仲も深まりま〜す!!」




ほっとけよ!!そんなヤツら!!




「今なら消費税は取りませ〜ん!!」




いつも取ってないってば!!




「楽しく遊んで300円ポッキリ!!」




お前はキャバクラのポン引きか!!





友人Tは波のように引いていた。

笑っている客もいるが、T氏いわく「憐れみの笑いだ」。俺もそう思う。

ここは兄貴として、そして職場の先輩として正しい接客というもの教えてあげなければならないだろう。

見ろ!!これが本当の接客というものだ!!











「オランダ直輸入のクソゲーはいかかですか!!」


「アッハッハッハッハ!!」




ハウステンボスの抱える負債は増えていく・・・・・。


3/7〜3/8をまとめました。到着

昨日は福岡ドームに行って、今日は無事に帰って来ることができた。

昨日の時点で、この日記を読んでいる人の中には、

俺が福岡で行方不明になってどういうわけか、留置場でスメルライス?

なんてコトを期待していた人もいるかも知れないが、

これといってごたごたもなく至って普通に帰ってきましたよ。

冒頭からこんな事書いて、自分が田舎モノだとアピールしているようなもので、

そんなことしても仕方ないのだが、やっぱり知らない土地は緊張するよね。

大体、福岡は大都会!
夜中になったらコワーイ兄ちゃんとかヤクザの抗争とかがあってて、 そこをおっかなびっくり通りかかった田舎の純朴な青年が因縁をつけられて 金をたかられ、身ぐるみ剥がされフリ○ンにされ、密貿易船に乗せられ ヌード写真を撮影され、内臓を売られ、ドラム缶に入れられた後コンクリート詰めにされて オホーツク海に沈められるぐらいは日常茶飯事でしょ。

田舎モノでもこれくらいはちゃーんと知ってるんだから。

さてここからどうつなげればいいか分からなくなったが、

昨日の正午に学校で友人二人と待ち合わせ。

3人で福岡行きの高速バスに乗り、天神まで。所要時間約2時間。

さて天神の町は

「うわー高〜いビルがいっぱい!!」

何年か前にゴジラとスペースゴジラに完膚なまでに叩き壊されたはずなのに

この復興ぶりには目を見張るものがある。



福岡に来た事自体は初めてではないのだが、純粋な「遊び」で来たのは初めて。

とりあえず野球まで時間があることだし、どこかで遅めの昼食を取ろうという話になって

天神には何度か来ている友人に案内され、とあるラーメン屋に入った。



店の名前は「一蘭」。ひっそりと目立たない路地裏に店を構えているが美味しいと評判の店らしい。

店の表の壁や入り口に所狭しと張り付けられた各界の著名人のサインに圧倒された。

三田村邦彦、ダチョウ倶楽部、スピッツ、

それから・・・・・あまりに多すぎて忘れちゃいました(^^;

なかでも俺の心の琴線を多いにかき鳴らしたのは、

シャ乱Qのしゅう!!

数年目に撮った写真らしく、今日のつんくの孤軍奮闘ぶりを知らずに無邪気に笑っている。

店の外に食券を購入する自販機があって・・・・

うーん、無言で注文が可能な食券はあんまり好きじゃないな〜。

若くて綺麗なおねーさんが、汗をふきふきオーダーを取りに来るあのトキメキがいいんじゃないか!!

わざと注文を悩むふりをして引き留めるあの一瞬の永遠がいいんだ!!

なんて事を考えつつ、ラーメンの券と替え玉(単純に大盛りと思っていたが実は違うことが後で発覚)

を購入し店に入る。店にはいると

いきなり壁。

その狭い入り口と壁の間に若い兄ちゃんが立っていて、その兄ちゃんにその店の二階に案内された。



ここからが描写が難しい。はたして巧く文章で伝えられるかどうか。

まず、そこの空間、片腕を水平したら壁に手が届くくらい狭い!

若干奥行きはあるものの大人6人でいっぱいになってしまうだろう。

席は五つしかない。いわゆるカウンター席であるが、

クイズ番組の回答者席を想像してもらいたい。それもクイズだけで独立した番組のような席ではなく、

「笑っていいとも」の1コーナーとしてやってるクイズの回答者席みたいなものである。

隣の席とにカンニング防止の仕切がつけられているが、

このカウンター席にアレがあって自分の頭より高くなっており、隣の人の顔が完全に見えない。

さらにタモリさんよろしく店員が前をウロウロしている、と言えば単純にそうではなく、

ココがさらにナゾなのだが、目の前に(文字通り座って50pくらいの場所に)

のれんがかけてある。そして店員がのれんの裏から話しかけてくる。

「お手元の紙にラーメンの麺の硬さ、スープの濃さ、ネギの有無や種類なんかに○をつけて下さい」

などと言ってくる。なにせ相手の顔は見えず、見えるのは手だけである。

こっちは多いに戸惑った。その紙と食券をぬっと延びてきた手に持っていかれ

いささかポカンとしてラーメンが来るのを待っていた。

それほど待たずにラーメンが来る。

一口食べてみる。旨かった!・・・・・・

ラーメン自体はすごく美味しいのだが、なんか異次元で食事させられているようで、

地に足がついてないと言うか、終始不思議感覚があった。

目の前ののれんにいろいろと麺やスープへのこだわりや店の方針などが書いてある。

無断で引用

「対面で座らないカウンター席、目の前ののれん、隣席との仕切り板、

これらは食べている時の顔を誰からも見られないようにし、

周りを一切気にせず味だけに没頭して召し上がって頂けるようにしたものです。後略」




ほーそうなのか・・・・。



俺って鶏舎に入れられたブロイラー?



と思った俺は田舎モノなんだね。


さて先程の替え玉。金属でできたプレートが食券を渡す時出てきて、店員は

「替え玉をご注文される場合はこのプレートをこのボタンの上に置いて下さい。」

ボタンね。すぐ前にある。いわゆるナースコールのようなものだろうか?

出されたラーメンを食べ終え、このプレートをボタンの上に置く。すると突然

チャルメラの音楽が鳴り響き、

店員の手がこのプレートを回収しつつ「少々お待ち下さい」と店の奥(?)に消える。

再び待つと、茹でたと思しき麺がどんぶりに入れて店員の手が置いていく。

そして店員また消える。

ほうほう、この麺を最初に頼んだどんぶりに残っているスープの中に入れる]のか。

だから「大盛り」という言い方をしないで「替え玉」ね。


これってソーメンに近くないか?


そんなこんなで食べ終え、店の外に出ても不思議感覚は、まだ残っている。

なんなんだ?あの店は?久しぶりに常識のカテゴリーがひっぺがされた瞬間。



今日になってこの話を弟や母にしたら、


弟「人肉使ってるんだって!!!人肉!!人肉!!」



ああ一蘭さん、ごめんなさい。


「一蘭」の公式ページ


さて「一蘭」を出た後、次に連れて行かれたのは、

「まんだらけ」

4階建てのビルで、フロアー自体はそれほど広くはないが、

それぞれの階で所狭しと並べられたグッズの数々

各階の移動はエスカレーターのみであるが、 壁に貼られた数え切れない程のゲームやアニメのポスターコスプレ店員さん

間違いない!!ここはマニアの巣窟だ!!この種の店に入ったのは初めてである。

各階で扱っているものは



1階:中古コミック
2階:同人誌・レアなコミック・オカルトコミック(えちぃ本も含む)
3階:少女コミック・レディースコミック
4階:ソフビ人形・GK・グッズ・CD




だったと思う。



客層もさまざまだった。

おとなしそうな中高生、スーツ姿のサラリーマン、OL風のおねーさん達。

都会の喧噪を一時逃れてオアシスを求めて来る方に年齢性別関係ないなと思った。

ふと隣でえちぃ漫画をチェックしていた男性、

いけてるじゃないですか

天神の親不孝通りを歩いていても違和感は無さそうである。

むしろ「まんだらけ」に居ることに違和感。

なかでも異彩を放っているのが、

アベックで来ている奴ら!!

ショーケース内のゲーム機なんか指さしながら楽しそうに笑っている。

こういうコア〜な店は多少なりとも


「別に女嫌い(もしくは男嫌い)って訳でもないけど、なんとなく縁がなかったわ・・・・」




要するに俺みたいなヤツが来るところだろ!!



アベックで来るくらいなら、コ洒落た喫茶店で

「砂糖いくつ入れる?」

「入れなくていい」

「胃に悪いよ」

「ダイエット中なの」

「ダイエットなんてしなくいいよ(笑)」

「むー、もう!!わかってよ!!」


とでもやってろよ!!



漫画はよく読むけど、ゲーム自体はそれほど詳しくもないし、

アニメも最後に見たのはアニメ番・ゴーマニズム宣言(ウソ)

という至って中途半端なマニア魂しか持ち合わせてない俺としては、いささか不完全燃焼ぎみ。

何を冷めた視点で見てるんだ、と思われそうだが俺自身は別の宗教から来ているからね。

それでもせっかくの機会だし、と二階に行って敬愛する冬目景先生作のレア本は無いかな?と

えちぃ同人誌をかきわけ、捜したが「高価買い取り中」の札。

結局、友人の1人はゲームの攻略本、もう1人はブラックジャックとドラえもんの本を購入したが

しかし俺自身は何も買えず!!

お目当ての本が無かっただけだが、なんか損した気分。

ここは予習をして、本当に詳しい人と一緒に来るべきだな。

なんか不満だったような書き方だが、結構楽しかったし、時間があれば心の底から楽しみたかった!

ただ初めてだったし、地に足がついてないような心持ちでウロウロしてたからね。


福岡ドーム編にようやく突入。いつまでかかってるんだよ!!



モタモタしている間に生き残っているのは悟飯とクリリンとヤジロベーだけになっちまったぞ!!



さて「まんだらけ」をあとにした俺達3人は、天神地下街を抜け、地下鉄に乗った。

大都会に来ていつも思うのだが、JRとか地下鉄とかあんなに複雑に入り組んで

よく誰も迷わないものだ。それから目的地までの乗車時間もえらく短いし、運賃も安い。

唐人町で下車し、この駅でもう1人の友人と落ち合い、福岡ドームに向かう。

おそらく他にも野球観戦目的と思われる人々と共にしばらく歩いていると

半円球の巨大な建造物が見えてきた。福岡ドームだ!!



でけぇー!!



数年前、ガメラの進入によりボロボロになったはずなのに再生している。

「チケット余っていたら買うよ〜」という怖そうなあんちゃんを素通りしドーム内に入る。

客席に入る前のフロアーにはファストフードやダイエーグッズを扱う店が並んでいる。

さて客席に入る。



広ぉーい!!



この日は内野特別席Aだ!!

時間に余裕があったので座る場所を決めようとしばらくウロウロ。

俺が

「ダイエーベンチが見える席がいい」

と主張したら、そうだな移動しようという話になり、座った席が


西部ベンチしか見えない席だったことが後になって判明。


さて、まだ試合が始まるまで時間がある。

友人1人に席を確保を頼んで3人で飲み物などを買いに行った。

俺は特に腹も減ってなかったのでペットボトル一本買っただけだが


友人二人が飲み物の他にホークスメガホンやホークスキャップを購入。


気合いが入ってますな〜。



それにしても売られていた弁当、なんでも便乗すればいいってもんじゃないだろ!!

とツッコミをいれたくなる名前ばかり。



若鷹弁当、城島弁当、松中弁当、王弁当、必勝弁当、縁担ぎ弁当



これらが中身がどう違うのか至ってナゾである。

大体プロ野球という国民的スポーツの影にこんなに安易でおめでたい商売があるとは・・・・



おもしろい!!



さて席に戻り、君が代吹奏の後、この日のスタメン発表が行われる。


ダイエーの一番バッターが岩鬼じゃねー!!


ついでに西部に山田がいない!!


もう!!はるばる長崎から見に来たのに。



さて、この日、携帯からメールである人に野球の実況をする事になっていたのだ。

試合開始直後その人に

”一回表西部の攻撃。得点差なんと0対0!!”

というメールを送信。

しかしこの返事が届いたのは夜中の2:21。

”え!?当たり前やン?! ”というツッコミで始まる返信に、この日の試合果を思い出し切なくなった。

それにしても福岡ドームといえばダイエーのホームグラウンドであり、

観客の8割以上がダイエーファンと思われるが、

ダイエーの場合、ストライクひとつでも大拍手なのに対して、

西部の場合はホームランでも拍手ひとつ起きないというファンの温度差には驚いた。

試合展開はめぐるましく変化し、手に汗握る展開だったが

8回にダイエーの篠原が3本のホームランを浴び、8対3と大差が付いてしまった。

このあたりになるとメールの実況のテンションも一気に落ちてしまった。

結局逆転劇は起こらず、試合終了。あ〜あ負けちゃった。



この後、唐津在住の友人宅に一泊することになり、

次の日は電車で帰宅。

福岡にいたのはほんの短い時間だけだったし、

友人の後にくっついてウロウロしていただけだったけど結構面白い一泊二日でした(^^)

今度は下調べをして、じっくり楽しむぞ!!

3/6(水)

明日福岡ドームへ野球観戦に行くことになった。

友人が格安チケットか何かを入手したらしい。

カードはダイエーVS西部

明日の昼頃、出発して福岡市内をしばらく練り歩いた後、

福岡ドームへ向かう。そうそうドーム球場に入るのも初めての経験だ

実はこの世に生を受けて以来、プロ野球を生で見るのは初めての経験である。

テレビ中継なんかとは臨場感が違うだろうな。

うーん、明日が楽しみだ。

しかし、俺自身は野球にはあんまり詳しくない。

ひいきにしている球団くらいはもちろんある!

それは昨シーズンにイチロー選手が大活躍だった



シアトル・マリナーズだ!!



もう何年も前からファンだった俺としては今年のリーグ優勝は嬉しい限り。


それに比べて、ダイエーの選手で顔がぱっと思い浮かぶのは



岩鬼正美選手くらいだ。



まあ行く前からイロイロ言っていても仕方ないよね。

それじゃ行って来ま〜す(^^)/~


3/5(火)

昨日の日記をアップした後、メーラーを立ち上げたら

タイトルが

:Re で差出人不明のメールが!!


や、やべぇウィルスだ!

前回以来、ウィルスには免疫ができていたので、感染しないように即削除

こないだのようなことは無いとは思いますが、一応警戒をお願いします。


3/4(月)

明日が提出期限のレポートに追われてます。にぎゃー!!

明日だなんて聞いてないよー!!

安息の春休みよ、早く来い。

すいません今日はこの辺で。


3/2(土)

金曜に書いたとおり、昨日は飲み会があって、今日はバイトだった。

バイトが朝からだったもので、昨日は早め切り上げて終電で帰ってきたのだが、

帰宅後、布団を敷いていたら急に嘔吐もよおして・・・・・・

吐いちゃった・・・・。(もちろんトイレで)

情けない!!

21年間の人生の中で病気とかで吐いたことは何度もあるが、お酒飲んで吐いたのは初めての経験。

何とも言えない、敗北感と背徳感。あ〜・・・一昨日の浮かれっぷりが恥ずかしい!!



ところで皆さん、あの吐くモノをなんと呼んでいるだろうか?

「吐瀉物」という小難しい単語があるが、あまり使用頻度は高くないだろう。

やっぱり「GERO」だよね!!

そういえば自分のPCで「GERO」と打つのは初めてだ。

じゃあスペースキーで変換してみよう。まずは・・・


下呂


人の名前っぽい。では次に・・・・


げろ


変換不能!!

おいおい!しっかりしろよATOK!



カタカナで「ゲロ」と変換しなくちゃダメだろ!!


人造人間20号以来単語として一般的に普及したはずだろう!!


とマイPCに叱りつけ教育終了!またひとつ賢くなったね!